ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

棚の仕切りを段ボールで作ってみました

箱を作っている会社ならきっと同じ悩みを持っていると思います。

 

 

抜型の保管場所!!!

 

 

弊社でも、とうとう今までの保管場所がいっぱいになってしまいました。

 

 

抜型は、木型にカッターナイフの刃やスポンジが付いているようなもので

1つのサイズの箱に対し1つ必要になります。

この抜型と紙を機械にセットして流すと、箱の形に仕上がるわけです。

抜型について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇒

抜型の写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抜型は最終利用から5年間弊社で保管するのですが、

新しいご注文をいただく度、どんどん増えていきます(ありがたいことです^^)。

 

そこで、新たに大きな棚を購入し、増えた抜型を整理しました。

イメージとしては図書館の本棚です。

抜型の棚

 

 

 

 

 

 

 

 

奥の棚は、壁際なので1列分入るようにしました。

手前の棚は、2列にして無駄なく抜型を保管できるように大きな棚を注文しました。

 

ただ、このままですと棚の継ぎ目が開いているので、崩れてしまう可能性と

両サイドから差し込むので、大きめな抜型を入れた場合に向こう側の抜型を落として破損させてしまう可能性があります。

 

 

木で仕切りを作ると時間がかかるし、、、コストもかかるし、、、

そうだ、うちの会社にたくさんある段ボールシートで仕切りを作ろう!ということになりました。

 

A式箱(みかん箱)を棚の寸法に合わせて、棚に入れれば、、、簡単に仕切りができると思っていました。

下の写真は、最初に予定していた棚の仕切りの形です。

A式箱で仕切りを作る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし誤算が!

この棚の場合、天井の部分がカーブをしていて、四角形の箱をはめると高さが低くなってしまいもったいない隙間ができてしまいます。

抜型の形に合わせて棚を注文したので、なるべく隙間なく入れたかったのです。

棚の形を確認する

 

 

 

 

 

 

 

左右の面と奥の面は必要、天井はない方がいい。でもコの字仕切りだと心許ない感じ。。。

そこで、こんな仕切りを設計してみました。

棚の仕切りを設計した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

C式箱(蓋と身の被せタイプの箱)を半分に切った感じの箱です。

 

しかし!またもや難題が!

1段目は設計通りできましたが、2段目の仕切りは大きすぎて、このサイズが作成できる段ボールシートが無かったのです。

 

 

そこで箱を半分に切って2ピースで作ることにしました。

棚の仕切りを作ってみた

 

 

 

 

 

 

 

※CADで図面を描いて、CAD/CAMの機械でカットします。

 

 

サンプルカッターマシーンで作った仕切りはこんな感じ。

強力な両面テープでのりしろ部分を付けて仕上げます。

仕上がった棚の仕切り
 

 

 

 

 

 

 

反対側も作ってこんな感じに仕上がりました。

あとは離れている部分をガムテープで貼り合せます。

棚の仕切り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井の面を無くしたことで、高さに余裕ができました。

奥の面で向こう側と仕切られているので、イメージ通り図書館の本棚のようにできました。

段ボールの仕切りを入れた棚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番下の段の手前側は、大きな抜型を保管するための場所で2列分を使います。

反対側もこんな感じ↓

段ボールで棚の仕切りを作る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、どんどん新しい注文が来ても安心です(嬉)!

 

 

こんな感じで、棚の仕切りは段ボールケースでも代用できます。

 

こんな仕切りが欲しい!という方は、棚の内寸(もしくは中に入れる仕切りの外寸)、必要な数量を

教えていただければお見積もりいたします。

 

価格は、設計費(3000円~)とシート代、及びカット代、送料です。

数量やサイズによって価格が変わりますので、詳しくはお問い合わせください。

 

 

お見積りはこちら

 

 

 

 

 

 

2020年9月29日 | カテゴリー : 向町紙工 | 投稿者 : admin

ブックケース・ブックカバーのオーダーメイド

オリジナルサイズのブックカバーを1個からオーダーメイドします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向町紙工では、オリジナルサイズのブックケースやブックカバーを1個からオーダーメイド作成できます。

決まったサイズや形はないので、お客様のご希望の寸法や形でオリジナルのブックケースを小ロット作成します。

 

 

上の写真は、表が黒で裏がグレーの厚さ1ミリの紙でブックカバーを作ってみました。

 

作成方法は、CADで図面を描き、サンプルカッターマシーンで図面通りに紙をカットし、

折スジをスジ押し機で押して作成します。

分厚い紙で作る場合は、折スジが割れやすいため、スジ押し機で折スジを付けると綺麗に折れ曲がります。

 

<サンプルカッターマシーン↓>

サンプルカッターマシーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<スジ押し機↓>

昔からあるシンプルな機械

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙はいろいろな種類から選ぶことができます。

下は一例です。

 

両面グレー:チップボール19号、15号、13号、11号、10号、9号

黒:ブラックD15号、PGカラーB9号

紺:ネイビー15号、8号

こげ茶:チョコレート15号、9号

緑:モスボール15号、8号

赤:カッパーレッド15号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は厚さ1ミリの紙ですが、クラフト色の紙やもっと薄い紙も多数ございます。

紙の一覧は下のボタンよりご覧ください。

紙の種類一覧はこちら

 

 

 

 

 

 

小ロットの場合は1つ1つサンプルカッターマシーンで作りますが、

数量が多い場合は抜型を作って作成します。

ロットが増えますと単価は下がります。

 

<抜型↓>

抜型の写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抜型は、最終利用から5年間保管します。

一度抜型を作ってしまえば、何回も利用できます。

 

 

ブックカバーの組立についてですが、ステッチ止めして完成形の状態で納品する方法と、

両面テープを貼って納品する方法があります。

※両面テープを貼らず、組立なしの状態でしたら安くご提供できます。

 

ブックカバーの組立

 

 

 

 

 

 

 

両面テープ貼での納品の場合は、展開した状態で送りますので、在庫にしてもかさばらず便利です。

ご使用の際にはテープをはがして組み立てれば、簡単に使用することができます。

 

ステッチ止めとは、弊社にある大きな機械でホチキス止めをすることです。

届いてすぐに使うことができますが、ロットの大きな注文ですと保管場所をとる場合があります。

 

<ステッチャー↓>

機械箱を組み立てるステッチャー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ステッチ止めされた箱↓>

ステッチ止めされた箱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、ブックケースに印刷を入れることもできます。

15号の分厚い紙で作る場合は、シルク印刷か箔押印刷で印刷します。

 

9号から11号まででしたら、シルク印刷、箔押印刷、活版印刷、

オンデマンド印刷、ロットが多ければオフセット印刷から選ぶことができます。

 

下の写真は、箔押印刷のサンプルの写真です。

印刷部分が凹むのが特徴です。

<箔押印刷↓>

箔押印刷

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルの箔押印刷は、初期費用として印刷金型代がかかります。

抜型と同じで、1回作ってしまえば何回でも使うことができますが、

アルファベット文字の印刷で小ロット印刷をしたい場合は、

文字の金型を組み合わせるフォントセットを使って印刷するのがお勧めです。

 

フォントセットで印刷をする場合は、初期費用の金型代はかかりません。

 

<フォントセットでの箔押印刷>

フォントセット箔押印刷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社で、ブックカバーやブックケースをご希望サイズでオーダーメイドすることを

検討されている方は、まず下のボタンより紙のサンプルをお取り寄せください。

 

紙サンプル無料お取り寄せはこちら

 

 

※すべてのサンプルをカートに入れていただいて大丈夫です。

ブラウザの「戻る」ボタンで前のページに戻ってください。

 

 

お見積りが必要な方は、お問い合わせフォームよりご連絡をお願いします。

ブックケースの内寸、もしくは中に入れるブックの寸法と作成したい数量をお知らせください。

ご希望の材質がある場合は、材質も教えていただけると助かります。

 

 

なお、いただいたお問い合わせには1営業日以内に返答するよう心がけております。

もし回答が届かない場合は、迷惑メールフォルダに入っている可能性がありますのでご確認をお願いします。

 

 

 

ブックケースのオーダーメイドのお問い合わせはお気軽にご連絡ください☆

ご相談・お見積・ご注文はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚紙の抜き加工・スジ押し・希望の形にカット・断裁

分厚い紙も1枚から抜き加工できます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向町紙工では、小ロット(1枚から)紙の加工ができます。

 

四角い台紙に希望の形を切り抜きたい、

円形の分厚い紙が欲しい、

厚紙を半分に折りたたむために折スジを付けて欲しい、

指定のサイズに紙をカットして欲しい、

などなど、

紙の加工に関する様々なご相談を受け付けております。

 

 

もちろん1枚だけの注文では価格が高くなってしまいますので、

注文する数量や加工の種類によって、経済ロットや最も安く作成できる方法をご提案します。

 

 

<厚紙の抜き加工について>

窓付きの箱を作ったり、曲線のある形に紙をカットするのは抜き加工になります。

 

少ない数量ならサンプルカッターで、量が多ければ抜型で作成します。

下は、抜型の写真です。

抜型の写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木の板に刃やスポンジが付いていて、機械にセットして紙を抜いていきます。

数が多ければ、抜型で作った方が1個の価格は安いです。

(抜型なら500個以上のご注文がお勧めです)

抜型は初期費用はかかりますが、2回目以降は作成代のみなので、継続注文がある場合にお勧めしています。

 

抜型は、大きさにもよりますが、2万円~4万円位します。

詳しくは個別にお見積りしますので、仕切りの図面(大体の大きさが分かるイメージ図でもOKです)、数量をお知らせください。

 

 

 

100個以下で仕切りを作りたい場合は、初期費用のかからないサンプルカッターマシーンで抜き仕切りを作成します。

CAD図面を描いて機械が1枚1枚カットしますので、1枚の価格は高くなりますが

継続利用が無かったり、少しだけ必要な場合には、こちらの方がお得です。

 

向町紙工では、抜型とサンプルカッターでの価格を比較して、安い方をご提案します。

 

 

 

また、曲線のある図形や四角形以外の図形を抜いて欲しい場合は、

図面のデータか現物を弊社にお送りいただく必要があります。

図面データはDXFデータかAIデータでお送りください。

「商品の現物を送るのでピッタリの仕切りを作って欲しい」というご要望も大丈夫です。

下記住所宛に商品をお送りください。

 

〒361-0075

埼玉県行田市向町8-5 (有)向町紙工 工藤宛 048-556-3509

 

 

 

 

<紙のスジ押し加工について>

厚紙に折筋を付けるスジ押し加工ができます。

下は、ブックケースを作ったときの写真です。

折スジ加工

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンプルカッターマシーンでブックケースの形に厚紙をカットした後に折スジ加工しました。

 

サンプルカッターマシーンにも折スジを付ける器具は付いているのですが、

厚紙だと折スジが弱く、そのままだと紙が割れたりひびが入ってしまうため

専用のスジ押し機で太いスジを付けています。

 

上記の加工は、サンプルカッターマシーン+スジ押しで価格は高いですが、

写真の台紙(フォトアルバム)のように長方形の紙に1本のスジ押し加工なら安く作ることができます。

 

スジ押し加工できる紙の厚さや大きさに制限がありますので、

詳しくはお問い合わせフォームよりご相談ください。

 

 

 

 

 

<紙の断裁について>

紙をご希望のサイズにカットすることができます。

断裁機で紙を断裁しますので、曲線や斜めの線はカットできません(直線のみです)。

 

下の写真は、紙をカットする断裁機です。

紙の断裁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなギロチンのような刃を下ろして大量の紙をカットします。

薄い紙から分厚い紙まで、さまざまの厚さの紙を断裁できます。

 

 

紙のカットについてはこちらのページに詳しく記載しておりますのでご覧ください。

 

 

 

 

<その他の加工について>

こんなことできますか?

こんな加工を依頼したいのですが引き受けてもらえますか?

というご相談を日々いただいておりますので、分からないことは一度弊社にご相談ください。

出来るかどうか一度社内で検討しお返事いたします。

 

お問合せはお気軽に☆

 

 

ご相談・お見積・ご注文はコチラ

 

 

 

 

 

 

機械箱とは

機械箱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械箱はC式箱とも言い、蓋と身からなる被せタイプの箱です。

上の写真のように四隅をステッチ止めして組み立てています。

 

昔から草履や足袋を入れる箱として、金具を入れる箱として利用されてきました。

機械箱は納期が早く、小ロットでも安く作成できるのが特徴です。

 

向町紙工では、機械箱の作成を得意としており、ご希望のサイズで1個から箱を作成することができます。

 

絵の額が入るような大きな箱から、アクセサリーを入れるような小さな箱まで作成可能です。

小さいサイズの機械箱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械箱は、昔からあるシンプルな作りの機械を使って、手作業で作っていきますので

抜型不要で作成できる唯一の箱です。

※抜型について詳しくはコチラ⇒

 

 

下の写真は、箱に折スジをつける機械です。

機械は古いですが、常にメンテナンスを心掛け最良の状態を保っているので

昔の機械でも良い商品を作り続けることができます。

 

昔からあるシンプルな機械

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の写真は、機械箱を組み立てるときに使うステッチャーです。

市販のホチキスと違い、芯が太く、とても頑丈にとめられます。

機械箱を組み立てるステッチャー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホチキスの針は、銀色と銅色があります。

また、組み立てると送料が高くなってしまう際は、組立なしの状態で納品することもできます。

組立なしの状態でしたら、在庫にしてもかさばらず、大変便利です。

 

 

 

下の写真のように、角止めステッチもございます。

角止めステッチの機械箱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械箱(C式箱)の製作事例は下の画像をクリックしてご覧ください。

機械箱(C式箱)の製作事例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品に関するお問い合わせ・お見積りはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ご相談・お見積・ご注文はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防水加工した箱~フラワーボックスに最適~

フラワーボックス用 防水加工の箱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防水加工した紙を使って箱を作ってみました。

 

紙が水をはじくので、水分の多い商品を入れても箱に水が染みることがありません。

手触りはビニールのようにツルっとして光沢があります。

 

防水加工した紙箱

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、防水加工した箱に水を入れてみたところです。

1時間水を入れたままにしても、外側へ染みることはありませんでした。

 

水を捨ててみると、水滴が玉のようになっていて、紙が水を弾いているのが分かります。

 

防水加工していない箱

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、防水加工していない紙で作った箱です。

中に水を入れて10分後の写真です。

外側まで水が染みているのが分かります。

 

 

下は防水加工した箱です。

かなりたっぷり目に水を入れてみました。

防水加工した箱 水を入れた様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙の継ぎ目から水漏れはありませんでした。

コップとして非常時に使えるかもしれませんね(笑)

 

ただ、こちらの箱は強力な両面テープでがっちり固定してあるので、

ホチキス止めや弱い両面テープですと水漏れしてしまいますのでご注意ください。

 

 

なお、給水スポンジを入れる場合は、重みで水が外側まで染みてしまう可能性があるため

箱の内側にセロファンや水受け用の箱を入れてあげると安心です。

 

 

防水加工した箱に生花を入れてみました。

水分が多い商品でも箱に水分が染みる心配はございません。

フラワーボックスとして最適です。

 

フラワーボックス ギフト用箱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラワーボックスギフト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箱は、両面黒の紙(PGカラーB9号)で作成いたします。

材質に高級感がありますので、ギフトボックスとして最適です。

 

 

オリジナル印刷を入れることもできます。

両面黒の紙には、箔押印刷かシルク印刷でロゴやイラストを印刷することができます。

 

箔押印刷は、印刷面が凹むのが特徴です。

高級感を出したいときにはお勧めの印刷方法です。

<PGカラーB9号に箔押印刷した様子↓>

PGカラーB9号に箔押印刷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シルク印刷は、比較的大きな印刷データでも、箔押印刷に比べて安く作成ができます。

文字よりイラストの方がシルク印刷向きです。

<PGカラーB9号にシルク印刷した様子↓>

PGカラーB9号にシルク印刷

 

 

 

 

 

 

 

印刷のお見積りもしますので、必要な方は印刷データをメールでお送りください。

 

 

 

なお、紙サンプルは無料で取り寄せ可能です。

下の青いボタンをクリックしてお申込をお願いします。

紙サンプルお取り寄せはコチラ

 

 

※防水加工した紙が欲しい方は、「紙サンプル基本セット」をカートに入れて、購入手続きの際に

通信欄に「防水加工した紙が欲しい」とお書きください。

<紙サンプル基本セット↓>

 

 

 

 

 

 

 

 

ざっくりと箱の価格が知りたい方は、C式箱自動見積システムを使うと大変便利です。

C式箱なら小ロットから格安でオーダーメイドすることができます。

下のボタンよりお申込ください。

簡単!便利!自動見積システムはこちら

 

 

 

 

 

 

箱に関するご相談、見積もり依頼は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。