機械箱とは

機械箱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械箱はC式箱とも言い、蓋と身からなる被せタイプの箱です。

上の写真のように四隅をステッチ止めして組み立てています。

 

昔から草履や足袋を入れる箱として、金具を入れる箱として利用されてきました。

機械箱は納期が早く、小ロットでも安く作成できるのが特徴です。

 

向町紙工では、機械箱の作成を得意としており、ご希望のサイズで1個から箱を作成することができます。

 

絵の額が入るような大きな箱から、アクセサリーを入れるような小さな箱まで作成可能です。

小さいサイズの機械箱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械箱は、昔からあるシンプルな作りの機械を使って、手作業で作っていきますので

抜型不要で作成できる唯一の箱です。

※抜型について詳しくはコチラ⇒

 

 

下の写真は、箱に折スジをつける機械です。

機械は古いですが、常にメンテナンスを心掛け最良の状態を保っているので

昔の機械でも良い商品を作り続けることができます。

 

昔からあるシンプルな機械

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の写真は、機械箱を組み立てるときに使うステッチャーです。

市販のホチキスと違い、芯が太く、とても頑丈にとめられます。

機械箱を組み立てるステッチャー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホチキスの針は、銀色と銅色があります。

また、組み立てると送料が高くなってしまう際は、組立なしの状態で納品することもできます。

組立なしの状態でしたら、在庫にしてもかさばらず、大変便利です。

 

 

 

下の写真のように、角止めステッチもございます。

角止めステッチの機械箱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械箱(C式箱)の製作事例は下の画像をクリックしてご覧ください。

機械箱(C式箱)の製作事例

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品に関するお問い合わせ・お見積りはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ご相談・お見積・ご注文はコチラ